抱きしめられたい。糸井重里
糸井重里氏の1年分の原稿からつくる
「小さいことば」シリーズの10冊目です
表紙を飾るのは、
白くてふわふわしたニットの写真です
ニット作家の三國万里子さん作です
表紙カバーには、
織りに特徴のある紙を使用
これはこのシリーズの始めからの紙質です
強さと硬さのある丈夫な紙、
ページの角は丸く仕上げる加工
外側に色をつけた加工が施されています
本が、独特の表情と風合いをもっています

「さよなら」という瞬間には
まだ「さよなら」はできてない。
そのことばを、たがいに聞いているからね。
IMG_4320.jpg
抱きしめられたい。
著者 糸井重里
352ページ
1600円+tax
スポンサーサイト
posted by blu.verde
  trackback:0
[青緑たゆい
trackback URL
http://bluverde.blog113.fc2.com/tb.php/2796-28fa8a13
trackback