最近の犬のマイブーム散歩道、大川内山へと続く道
朝と夜は空気が清くて気持ちよい。
まもなくやってくるヘビィな季節にうまく生きていくことが
できるように、
わっしわっしと気持ちいいのを貯め込んでおこう、と
せわしがちな内を秘める人間をよそに、
今日も犬はかわいこちゃんを求めて散歩へといそぐのである。
IMG_9010.jpg
家裏に住む犬、多分おんなの子。
まず、この子にあいさつをかかさない、
静かなにぴきの相撲的あいさつ
IMG_9012.jpg
てくてくと、
南瓜畑にごあいさつ。
私とあなたの友情は永遠に続く、
かれたとおもえばまた咲く、
ほんにかぼちゃの花のよう、と南瓜のうたをつぶやく。
IMG_9015.jpg
てくてくと、
かっては栄えていた地も更地の気持ちよい風がふく、
けれども立派な石垣は廃れることはなし。
へび、とか住んでそう、うじゃっと。
IMG_9018.jpg
てくてくと、
青螺の山からおちてくる清い水辺には
それはもう、蛍がうつくしく舞っている。
ごはん食べた後の蛍観賞にひそやかにおでかけくださいな。
蛍って、彼岸に逝ってしまった人を彷彿とさせる、
やっほぅやっほぅと声をかけるのもひそやかに。
IMG_9020.jpg
てくてくと、
道脇に、手入れが行き届いた古い清潔な平屋が存在する。
多分、住むもの無しと見た。
店を商うのにすばらしかろう、とほれぼれしながら
じっくりと観察する。
IMG_9021.jpg
てくてくと散歩の最後はここよ。
水辺が気持良さをさそう、
流れる水はかわらずにやさしい。
IMG_9026.jpg
りょくは
調子が悪い時にでる癖がある、
向かって右の耳が下がるのである。
人間もひじょーに具合悪いけど、おまえもか、と
同情する。
スポンサーサイト
posted by blu.verde
  trackback:0
[怪獣の進化
trackback URL
http://bluverde.blog113.fc2.com/tb.php/1599-c66b4f32
trackback